婦人

監視カメラは犯罪の一部始終をとらえる高性能なカメラです

カメラの設置方法

困るウーマン

防犯カメラを設置するにあたってカメラの性能をしっかりと理解した上で使わないと十分に能力を発揮しません。使用目的や使用の条件によってカメラの種類は多くあります。最適のカメラを選択することで安全な生活を送ることができるのです。防犯カメラを自宅に設置する場合は、プライバシーの保護を考慮した上で使用するようにしましょう。多くの方が家の壁面に取り付けられますが、その際にカメラの重さを考えた上で取り付ける場所や材質を選び十分な強度があるところにつけるようにします。その他には、ポールに取りつける方法もあります。ポールやコンクリート柱などにつける際は、直接ネジで固定するのではなくカメラ本体を固定する器具を使い固定します。カメラの電源供給は、近くに電気コンセントがなければ市販で売られている延長コードを使いましょう。外に設置する場合は防犯カメラのコードや延長コードが劣化しないように配管を使い守るようにします。雨や風の影響でケーブルが傷つき不具合が生じるので、必ず配管で守るようにします。最新の防犯カメラでは、スマホとリンクさせることができたり、自宅のテレビで映像を確認できたりするなど様々な方法があります。赤外線投光機能により、暗い場所での撮影もできるようになったので夜間での野外監視でも安心です。防犯カメラの手入れは、ホコリなどでフロンドガラスが汚れてしまうと綺麗に映像が映らなくなるので、定期的に傷がつかないように柔らかいタオルなどで汚れを落とすようにしましょう。