婦人

監視カメラは犯罪の一部始終をとらえる高性能なカメラです

鍵を紛失したときの対策

困る男の人

鍵紛失をしてしまった場合、まず行うことは警察に鍵紛失届を出すことです。無くしてしまった場所が特定できないときは、防犯上特に危険です。記憶を辿って元の場所に戻れたとしても、まだ残っている可能性は少ないので、まず警察に届けることで後から連絡をもらえるかもしれません。そうすれば気持ち的にも少し落ち着くことができます。最後に鍵を確認できた場所まで戻ってきたとしてもない場合は、鍵を新しく付け替える必要があります。また、スペアキーを持っている家族や友人がいればとりあえずは家に帰ることができます。しかし、それで安心するのはまだ早いです。防犯的には、鍵を見つけた空き巣のプロであればその鍵の情報だけで家を特定することができます。なので、念には念を入れて鍵の交換をするべきでしょう。誰がその鍵を手にしているか分かりません。実際、鍵紛失してしまったことを忘れる頃に空き巣に入られる事件が起きているのです。
鍵の交換する際の料金ですが、ものによりますが交換料、出張代すべてを含めておよそ2万円から3万円ほどかかります。いつか空き巣に入られるのではないかと分からない不安な状況で過ごすことと比べれば、リーズナブルな価格ではないでしょうか。空き巣に入られたらそれ以上の被害額になり、身体的にしんどいと思います。それを事前に防ぐように対策として鍵の交換をすべきです。鍵の交換業者は、夜間にも営業している業者もあるので鍵紛失をしたなどの緊急な場合を含め、24時間で対応してくれます。