鍵とレディ

監視カメラは犯罪の一部始終をとらえる高性能なカメラです

鍵を紛失したときの対策

困る男の人

鍵紛失をすることで普段の日常生活にも支障が出ます。紛失してしまうといつ空き巣に入られるか分かりません。警察に届を提出し、できればすぐ鍵を交換する必要があります。24時間以内に作業は完了するので早めの対策をとっていきましょう。

詳しく読む

鍵開けの様々な種類

作業員

鍵開けの作業は、鍵がついているものすべてを開けることができます。24時間対応しているので、夜扉が閉まって締め出されてしまったという緊急なトラブルにもすぐ対応してくれるので安心です。

詳しく読む

カメラの設置方法

困るウーマン

防犯カメラは、性能がさまざまで多くの種類があります。使用目的によって変わるので十分理解した上で使いましょう。防犯カメラを設置する際は、説明書をしっかりと読み作業するようにしましょう。

詳しく読む

カメラの違い

防犯カメラと女の人

町中いたるところに監視カメラや防犯カメラが設置されています。犯罪や事件解決などに役立っているので、こういった機器は街中で現在も普及し続けているのです。歩いているとたくさんのカメラがあるのが確認できるので、安心して生活を送ることができます。主に監視カメラと防犯カメラは設置の目的が異なります。監視カメラは、警戒して見張ることを指し、防犯は犯罪を防ぐことを指しています。監視カメラは、犯罪が起きた場合に誰が犯行に及んだのか調べるために設置されており、防犯カメラは犯罪が起きてほしくない場所に置かれていることが多いです。安全な生活を送るにはカメラの存在が不可欠になっています。それでも防ぐことができない犯罪があるので、サービスを活用して解決していかないといけません。監視カメラは、犯罪者を見つけ出すことが目的として設置されているので、目立たない場所に取り付けられています。誰にも気づかれないような場所に設置することで決定的瞬間を映像として収めることができるのです。24時間体制で作業していることが多く、凶悪犯罪などの瞬間的な映像を録画することができます。また、災害が起きたときに監視カメラは、防災やウェブカメラとしても広く使われています。防犯カメラは、まず特徴として一番目立つところに設置されています。ダミーも多く存在し、人間の心理を利用するために存在をアピールするだけのものもあります。監視カメラと違い、コンビニなどに防犯カメラ設置中というステッカーで目立つようにしています。防犯カメラは、いかに相手に気づいてもらえるかが大切なのです。